No Music No Life

音楽は人間の生み出した最高の文化です。

スポンサーサイト

--.--.--

category : スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

コメント

コメントを投稿


管理者にだけ表示を許可する
 

テレキャスくらべ

2009.09.11

category : ギター

こないだテレキャスターを弾き比べてきた。
購入を前提に、真剣に。
その時の感想。


フェンダージャパン(ダブルバインディングだったと思う)のカラーフィニッシュとメキシコのテレ、同じくカラーフィニッシュ、どちらも八万から九万のモデル。
ピックアップは、ジャパンがテキサススペシャル、メキシコにはビンテージテレが乗っていた。
カラーフィニッシュだったので、木目はわからないものの、両者とも重量はほとんど同じ、ネックのサイドの処理なんかはジャパンの方が綺麗だった。


まずメキシコから試奏。
アンプはツインリバーブ。

まず音。
どのチャンネルで音を拾っても、ミッド・ローが強め。
リアでコードをフルで弾くと、にぶめのアタック音が「ブコン」とする。
ハイの抜けは必要最低限、テンションコードが耳障りなく出る。

ミックスのクリーンは音圧が増し、紳士的かつダンディーな感じ。
007みたいな感じ。
だが、歪ませると具合が悪そうだ。
低音が強すぎて、滑らかに歪まなさそう。
アタックは更にモコっとして、フルアコみたいな感じがする。

フロントは音圧がありすぎ、こもりすぎ、ミックス用に着いてる感じといったとこか。

弾き心地はかなりよい。
ネックはSGのような握り、握り込みしやすく、短音も弾きやすい。


つづいてジャパン。
アンプは同じセッティングのままで試した。

まず、音量がデカい。
そしてハイが強く、リアはジャキジャキとしか例えようのない音。
音のキレは良く、アタックや低音の甘さはあまり残らないが、低音が出てないわけではない。
コードをかき鳴らすと、さっぱりとしたベース音が聞こえる感じ。
テレキャスらしい音といったところか。

ミックスはこれも音抜けがよく、若干アタックにエアー感が足される。
セミアコのリアの音に近いが、リアのジャキジャキが強い。
テンションコードを弾くと、抜けすぎて味わいにかける気がした。

フロントは単体でも使えそうな感じで、バランスはよい。
曲中でリアと使い分けをできそうな感じ。
歪みをかけても大丈夫な気がする。

ネックはなんだか微妙。
薄く処理されているが、それが幅が広く感じさせる。
エッジは綺麗なんだが、そもそも薄いネックなだけに引っかかる。
短音を弾こうにも一弦二弦が弾きにくい。

ネックはこのみだが、比較的手が小さな自分には、握りがしっかりしている方が楽だった。


テレキャスとして使いやすいのはジャパンの方かもしれない。
キレがよく、歪みにも強そうだし。


さて、どちらを買ったかはお楽しみ。
スポンサーサイト

コメント

コメントを投稿


管理者にだけ表示を許可する
 

Copyright ©No Music No Life. Powered by FC2 Blog. Template by eriraha.

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。